1日合計30分の有酸素運動でも大丈夫。で安心した日本人が多い。

公開日:2017/02/22

1回あたり20分以上の運動から1日合計30分になりつつある。

今までの常識としてあってのは

有酸素運動は1回20分以上でお願いします。

でした。

それが最近では

数回に分割して、1日合計30分でも効果が変わらない

という理論が新たに提唱されて、発表もされているようです。

これに歓喜した人、特にダイエッターは多いと思います。

冷静に読み解くとわかる事。

この手の話は色んなところから研究結果が出てると思うのですが、よく目にするのは

  • 体力的な要素
  • 血圧の安定化
  • 血糖値のコントロール

についての研究であって、

  • ダイエット
  • 脂肪燃焼

の話では無いんですね。

でも、日本のサイトでは「ダイエット」「脂肪燃焼」に関するサイトで

  • 「1日20分以上の運動は過去の話」
  • 「1日合計30分で同等の効果」

という話になっているんですよ。

何だかボタンの掛け違えが起こっていると思いませんか?

もう少し理解を掘り下げると世界が変わる。

正にこれだと思います。

研究者の世界は

  • 「血糖値調整」
  • 「血圧の安定化」
  • 「体力向上」

がテーマなんですよ。

それを日本の色んなメディアの世界では

  • 「ダイエットに新展開」
  • 「今までの常識が覆った」
  • 「楽して痩せれる」

といった「曲解した内容」がメジャーとなってしまった印象です。

そもそも何で20分以上の運動が必要なの?というお話。

何で20分以上の運動が必要だとされていたのか。

そこを理解していれば「分割論」に対して「え?」と疑問を感じれたと思います。

「そうなんだ!」とすぐに納得してしまった貴方。

どうして20分以上の有酸素運動が必要とされていたのか、その理屈をご存じでしたか?

目的が「脂肪燃焼」だからです。

「20分」とは運動のエネルギー源を「血中グルコース→脂肪分解」へと切り替える為の時間。

僕らの身体は有酸素運動をした時、

  1. 血中グルコース
  2. 中性脂肪
  3. タンパク質

の順番でエネルギー源として活用されます。

ダイエットの際に減らしたいのは「脂肪」ですよね。

その脂肪を有酸素運動で燃焼させる為には「血中グルコース」を使い切る必要がある訳です。

その為の時間が平均すると20分とされています。

20分という時間は「第一のエネルギー源であるグルコースが空っぽになる為に必要な時間」という事です。

それ以降は、エネルギー確保の為に脂肪分解が始まります。

正にダイエットのゴールデンタイムですよね。

これが「有酸素運動20分以上」と「ダイエット」の関係です。

「1日分割30分で良い」という理論が導いている結論は何か。

一方、1日合計30分の運動でも1回20分以上の運動と同等の効果が示されたという研究はどうでしょう。

ジョージワシントン大学の研究が良く引き合いに出されているのでそれを例にします。

研究は「血糖値改善作用」に関するもの。ダイエットじゃない。

もういきなりここです。

話しが「脂肪燃焼」の話じゃない。「血糖値改善」です。

この時点で「ダイエットとはベクトルが違う」とわかると思います。

運動のタイミングが「食後」

これ、日本のサイトで目にしたことが無い「前提条件」でした。

毎食後に15分の運動をする事によって、血糖値の改善が見られたというもの。

食事によって補給されたブドウ糖が運動によって消費される訳ですから、血糖値は下がりますよね。

運動によって消費される訳なので膵臓の負担も軽くなるでしょうし。

胃腸系にはあんまり優しくないのかな。食べた後の運動になるので。

とにもかくにも、日本のサイトで紹介されている物とはやっぱり少し違うんですね。

食後では血糖値改善、食前では血糖値改善が見られず。

食後・食前の比較データも上がっていました。

食後の血糖値上昇時の運動と、血糖値上昇前の運動では、血糖値のデータに現れるのは「食後」だと思います。

跳ね上がるのを防ぐ訳ですから。

食前にたらふく食物繊維を食べた様なものですよね。

なので、そうなって然るべき結果かなと思います。

運動効果とダイエットをごっちゃにしては駄目です。

多分、勘違いをしてしまう原因がここだと思います。

運動効果とダイエットがごっちゃになっている。

運動効果

  • 血糖値を下げる(グルコース消費)
  • 血管を若返らせる
  • 血流を促進させる
  • 筋肉を使う
  • ストレス発散

ダイエット

  • 脂肪燃焼を促進させるのが目的。

分割運動は「運動効果」を期待できるもの。

分割運動が僕らに与えてくれるメリットは「運動効果」です。

主に血管年齢を若返らせたり、血糖値を下げたりしてくれるもの。

僕らの身体を健康にしてくれるメリットがあります。

ですが、ダイエットという点に関しては微妙です。

この分割運動ではグルコースの消費を促進させても、その先の「脂肪燃焼」の段階までは至らないので、全く「脂肪燃焼」しないという訳ではないでしょうが、その割合は微々たるものでしょう。

何故なら、脂肪はエネルギーの塊で、グルコースに比べて倍以上のエネルギーを貯蔵しています。

その為、分解・消費のスピードが非常にゆっくりなのです。

なので「ダイエット」になるレベルの運動には届いていないでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る