EMSはあんまりおススメしていません。

公開日:2017/02/24

僕はEMS系は正直おススメできません。

僕の友達にも沢山います。

特に女の子。

毎晩、お風呂上りにEMSをお腹に撒いてピクピク腹筋○万回してる人。

でも、それで望んだ結果を手にした人は僕の周りではいません。

新しいパワーアップしたEMSを買って自慢する人はいますけど。

「前のは○○が足りてなかった。今回のはそこもバッチリ!」

と前回の時も同じことを言っていたのですが、この無限ループです。

自動運動と他動運動は全然違う。

臨床の立場からこれは言いたい。

機械でピクピク筋肉を刺激するのと、自分で筋肉を使うのは根本的に違います。

  • EMSはいわば脳からの指令を機械から出している訳です。
  • 自分で動かす場合は脳から指示が出て筋肉が縮む訳です。

前者の場合は数分使った後でも該当箇所の筋肉はフニャフニャです。

後者の場合は1~2回使ってもらっただけで筋肉は引き締まります。

身体の中で起こっている差はわかりませんが、神経促通の問題だと思います。

感覚神経から脳を経由して運動神経に至る経路と、EMSから直接筋肉に疑似的な生体電流を通す経路。

同じ「筋収縮」がその場では起こっているのですが、根本的に「別物」な感じが感じられます。

少なくとも筋力検査ではEMSは筋力強化の結果に繋がらない。

筋肉を使っているというより「強制的に動かしている」という感じかな。

だから「筋肉を使えない状態」がいつまでの続くのです。

これでは筋肉に刺激を送ってもあんまり意味が無いと思います。

使えない筋肉は廃用性萎縮ですぐに落ちますから。

EMSって結局何が目的になるんだろう

EMSの目的って何だろう?

  • 簡単に鍛える
  • 簡単に痩せる

この二つに分かれると思うのですが、

鍛えるには負荷が足りない気がする。

EMSで腹筋を鍛えようとすると大変だと思います。

EMSの電気刺激で筋肉は確かに動くのですが「負荷」が無いんです。

筋肉が抗う負荷が無いので、ただ「動く」だけ。

これでどうやって筋肥大が起こるのかが僕にはちょっとわからない。

筋トレの収縮って「反対方向への負荷」があって成り立つものです。

EMSの場合はそれが無い。EMSの「負荷」って電気刺激の大きさなので収縮が強くなるだけなんですよね。

痩せるにもやっぱり負荷がいると思う。

体重を減らす効果は期待できないと思います。

有酸素運動にならないからです。

EMSではグルコースの枯渇まで持ち込めないと思います。

EMSって消費カロリーが絶対に出てないと思うんですよ。

脂肪燃焼させるなら出しますよね普通。

だってそこが最大のウリになるんだし。

という事は、そういう事だと思います。

引き締め効果はあると思います。

  • 脂肪燃焼は多分期待できない
  • 筋肉が鍛えられるのも余り期待できない

ならEMSってどうなの?となるかと思います。

僕個人としては、EMSにきたいすべき項目は一つ。

筋肉を引き締める効果

これだと思います。

電気的に刺激を送って筋肉を収縮させるので、引き締め効果は出るはず。

これはもう人間の仕組みなので誰でも起こると思います。

見た目は確かに変わる。

でも、維持は難しい。※引き締まった筋肉を使う神経促通が起こっていない為。

僕の中でのEMSはそういうものでしょうか。

【痩せるモニターについて】必ず黄金の文言がある。

EMSの体験モニターは必ず大きな結果をもたらします。

ですが、そこには

※適切な栄養管理および運動指導も行った結果となります。
※個人の感想であり、効果には個人差がありますのでご了承ください。

必ずこういった文言があると思います。

つまり程度こそわかりませんが、

  • 糖質制限
  • 運動療法

も併せてやってますと言っているんですよね。

その内容を伏せているから「出したらマズイ感じの取り組み量」だという事でしょう。

「栄養管理と運動指導っていってもこの程度ですよ」

って言える業者さんがいたらそれこそ本物だと思う。

僕その機械買おう。

実際に痩せるのは「機械」というより「※」の方のお蔭

これはもう消費者である皆さんが証明していますよね。

モデルとなる芸能人の方は

  • EMSそのもの
  • 適切な栄養管理と運動の指導

であの結果に辿り着いています。

一方の殆どの消費者の方は

  • EMSそのもの
  • 今まで通りの栄養管理と運動

で「全然痩せないんだけど」となっている訳です。

この両者の違いは一体何なのか?

正に「※」の栄養管理と運動指導じゃないですか!!

結局、楽して痩せる方法は無いという事です。

結局、楽してムキムキになる方法は無いという事です。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る