栄養の偏りは「栄養が足りない」よりも「摂り過ぎ」の方にこそ問題がある。

公開日:2017/01/05
最終更新日:2017/02/15

「栄養の偏り」

この言葉によって僕らは「足りていない栄養を取らないと」という方向に意識を持ってしまいます。

TVや雑誌でもほとんどが「足りない栄養素は何か」を訴え、それを補う為の健康食品はこれだという展開です。

だから、健康食品がこんなにブームになっている。

でも、健康を阻害している大きな原因は特定の栄養不足ではなく、あまりに摂りすぎている栄養素にあるのです。

たぶん、みなさんも「そうだと思う」とわかっていると思います。

わかっているけど、どうしてもTVの情報や雑誌の情報を信じてしまう。というか「信じたい」というのが実際ではないでしょうか。

そうすれば、自分でも実は理解している「炭水化物と脂質の摂りすぎ」から目を反らすことができるからです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る