自分に言い訳しやすい形にされている。

公開日:2017/01/05
最終更新日:2017/02/15

日本人が陥りやすい自己正当化

500キロカロリーを消費したから、その分沢山食べても大丈夫。

自分に言い訳を用意して「食べること」を許すというパターン。

でも、それはある程度は構わないと思います。モチベーションを維持する為にも必要です。

ただ、問題なのは「レコーディング」の誤差が激しいということ。

カロリー計算をする際に、どうしても「都合よく大雑把」にカロリー数値を計算してしまう。

その結果、摂取カロリーの誤差がでる。

 

消費カロリーはざっくり繰り上げる

摂取カロリーはざっくり繰り下げる

これはもう人間の性です。自分に余程厳しくないと正確な数値を出そうとしない。

だから、手っ取り早いのは

栄養表記の数値の1.2倍を摂取したことにする。

参考にしたカロリー消費サイトの数値を0.8掛けする。

自分で考えるのではなく、そこにある数字に決まった数字を掛けて計算する。

これだけで大丈夫です。

何故、数値そのままに使わないのかというと、元の数値自体にも誤差があるかもしれないからです。

200キロカロリーだと思ったら実は220キロカロリーだった、なんて事が無いとは誰も断言できません。

だから、万一それがあったとしても、摂取カロリーを上方修正し、消費カロリーを下方修正しておけばどっちにしても問題は無いのです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る