ノルディックウォーキングのスティックは「前足」と考える。

公開日:2017/03/11

ノルディックウォーキングのスティックは「前足」である。

ノルディックウォーキングに取り組むとき、

スティックの位置付けに悩む人が時々います。

  • 上腕を鍛えるもの
    • 上腕三頭筋を鍛えるもの
    • 広背筋を鍛えるもの
  • 下肢を支えるもの
  • 膝の負担を減らすもの

等々、どういった役割を与えられたものなのだろうと悩むそうです。

使い方、立ち位置を悩んでいると道具本来の使い方がされないので勿体ないです。

なので僕の解釈をズバッと述べます。

前足だと思いましょう。

もう、ノルディックウォーキングの基本はこれです。

僕なりの解釈ですけど。

スティックは「自分の前足」だと考えて取り組みましょう。

ノルディックウォーキングは「4足歩行」の運動である。

ノルディックウォーキングは2足歩行ではありません。

4足歩行です。

これ重要。

なので、前足、後ろ足の両方を使ってしっかり歩きましょう。

上腕の力をしっかり前に進む推進力に変えると、1.5倍~の歩行スピードが簡単に出るはずです。

速度は速いのに膝は楽という。

これぞ4足歩行の醍醐味です。

ポールウォーキングは「2足歩行」だと思う。

ノルディックウォーキング派「4足歩行」だと述べました。

一方のポールウォーキングはどうかと言いますと、

「2足歩行+サポート」

だと思います。

ラバーキャップの形が結構大きな差を生むんですよね。

ポールウォーキングのラバーキャップは基本的には真下に圧が掛かるタイプです。

あれは上半身の重みをしっかり上腕で受け止める構造にしか僕には見えない。

というか実際に使ってみるとそうでした。

  • 膝に不安を抱えている人
  • 山登り
  • トレッキング

こういった場所では大活躍すると思います。

特に山の下りはポールがあると膝への負担がかなり軽くなるのではないでしょうか。

中高年からは膝を悪くするのは登りより下りです。

広背筋・上腕三頭筋はスティックの使い方一つで変わる。

ノルディックウォーキングは上腕の筋肉もしっかり使えるのがメリットです。

ですが、

  • 「広背筋」
  • 「上腕三頭筋」

を同時に鍛えるのは難しいと思いましょう。

勿論、どちらも使うのですが両方をしっかり使う「スティックの使い方」は恐らくありません。

大体どちらかの筋肉が主役となって、残る方はサポート役になってしまうからです。

一般的なノルディックウォーキングは「上腕三頭筋」を優先している。

一般的なノルディックウォーキングの歩き方は

上腕三頭筋

をメインにした運動になります。

肘をしっかり伸ばす事が大事になる使い方です。

女性が悩む「振袖」と呼ばれる上腕三頭筋の弛緩?が解消されますので、世の中のニーズに合った形だと思います。

広背筋を優先した使い方はある程度「歩行」を理解してからの応用編かなと思います。

広背筋は多くの「アスリート」にとって大切な筋肉になりますので、スポーツ選手向きかなと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る