fin 更年期障害 軽くするには

公開日:2017/07/07
最終更新日:2017/07/13

更年期障害を軽くしたい!教えます4つの軽減方法!

熱感や憂鬱感、食欲不振など様々な不定愁訴となって現れる更年期障害。感染症等と異なり[b]明確な原因が明らかにされた疾患ではありません。[/b]ただエストロゲンの減少が関わるとされているだけです。

そんな更年期障害ですが、軽くするために必要な事がかなり明らかになってきています。

ここでは生活に不快感をもたらす不定愁訴を軽くするために必要な事を紹介していきます。

[m]更年期障害を軽くするために必要な事[/m]1

更年期障害は女性に多い疾患で、閉経後のホルモンバランスの崩れから身体に起こる不定愁訴全般を指します。[b]つまりは自律神経失調症[/b]です。

そこで、更年期障害を軽くする方法として自律神経のバランスを整える手段を紹介します。

[u]1
[ut]更年期障害を軽くするために必要な事[/ut]
[l]食生活を見直す※1[/l]
[l]生活リズムを整える※1[/l]
[l]ストレス環境を整理する※1[/l]
[l]ホルモン補充療法でホルモンバランスを整える※2[/l]
[/u]

※1は発症前、発症後どちらでも有効。
※2は発症後の対応

更年期障害を軽くする為の取り組みには様々な形があります。

[m]食生活を見直す[/m]2

まず、更年期障害を軽くする方法に食生活の見直しがあります。ここでは「増やした方が良い食材」と「減らした方が良い食材」の両面から食生活の見直しを紹介します。

[ms]増やした方が良い食材[/ms]1

更年期障害を軽くするために摂取量を増やした方が良い食材は以下のものです

[u]2
[ut]更年期障害に効果的な食材・栄養素[/ut]
[l]大豆[/l]
[l]亜鉛[/l]
[l]ビタミンB群[/l]
[l]ビタミンE[/l]
[l]ビタミンC[/l]
[/u]

主に[b]エストロゲンの代わりの作用を持っていたり、自律神経の働きを整える成分となります。[/b]また、ストレス対策としてのビタミンも有効です。

[ms]減らした方が良い食材[/ms]2

こちらでは更年期障害を軽くするために摂取量を減らした方が良い食材を紹介します。

[u]
[ut]更年期障害で減らした方が良い食材[/ut]
[l]脂質[/l]
[l]砂糖[/l]
[l]塩分[/l]
[/u]

更年期障害に限らず日本の食卓からなるべく減らした方が良いとされる食材ですが、これらは意識的に減らした方が良いです。

更年期障害に悩む人には高血圧・肥満体系の人が多いですので、上記の食品を控える事で血管への負担・心肺への負担を軽くし、更年期障害の症状を好転させることが可能です。

[m]生活リズムを整える[/m]3

更年期障害は生活リズムの狂いによっても引き起こされます。[b]寝る時間が遅くなれなるほどに「体内時計」が狂い自律神経が乱れていくのが人間なのです。[/b]

[ms]夜のスマホは控えよう[/ms]3

大人の遅寝の最大の原因は「スマホ」です。寝る前までスマホを触っていると常に自律神経が交感神経優位に緊張してしまいバランスが崩れてしまいます。

せめて夜9時頃にはデジタル機器は使わないようにしましょう。

[ms]夜の間食も控えよう[/ms]4

夕食後にスナックなどを食べる人も多いですが、避けましょう。食事自体は交感神経が優位になる上に辛味のあるスナックなどは刺激が強すぎます。リラックスすべき時間帯に緊張を作ると自律神経のバランスが崩れやすいです。

 

[m]ストレス環境を整理する[/m]4

更年期障害は自律神経失調症の一種ですが、日頃から掛かるストレスがその原因となっています。そこで予め自分のストレス要因を意識しておき、[b]自分で取り除けるものに関しては積極的に取り除く事が重要です。[/b]

案外、自分自身がストレスを感じているのに「そういうものだ」と受け入れてしまっている日常習慣なども多いのでしっかり自分自身と向き合いましょう。

[ms]代替できるものはしてしまおう[/ms]5

日常生活におけるストレスには「炊事・洗濯・掃除」といった家の事が多いです。毎日続く作業をストレスに感じている人は少なくありません。そんな時はどんどん代替策を使っていきましょう。

適度な惣菜の利用、お掃除ロボットの購入、大容量・高性能の洗濯機など。テクノロジーやサービスでストレスが激減するなら迷う事はありません。

[m]ホルモン補充療法でホルモンバランスを整える[/m]5

即効性のある更年期障害の軽減方は「ホルモン補充療法」です。身体に不足しているホルモンを強制的に補充する事でホルモンバランスを安定させます。とにかく[b]即効性が特徴です。[/b]

[ms]50代に関しては自然ではない[/ms]6

即効性が魅力のホルモン補充療法ですが、50代に関しては自然な治療とは言えません。閉経によって身体はホルモンバランスに変化を起こしている状態なのに、閉経前の環境を作り出している状態です。

降圧剤によって無理に血圧を低下させているのに近い状態だと考えてください。

[ms]漢方薬などの力を借りるのもあり[/ms]7

ホルモンバランスを無理に整えるのではなく、馴染ませる目的で漢方薬などの力を借りるもの良いです。新しいホルモンバランスに身体が適応しやすくなるようにサポートをしてあげましょう。

[ms]自律神経の調整薬という手も[/ms]8

漢方薬の他、自律神経の調整薬という選択肢もあります。これもホルモンバランスに介入するのではなく自律神経の働きに関与するので別の形でのアプローチになります。

どの選択肢がベストなのかはかかりつけ医と相談をして決めましょう。

[m]まとめ:更年期障害は小さなストレスの集合体[/m]6

以上、更年期障害を軽くする方法を紹介してきましたが50代の更年期障害の原因は[r]「小さなストレス」が複雑に絡み合ったケースが多いです。[/r]30代のように「距離を置きにくい」要因はそれ程ありません。

自分の手が届く要因であればどんどん自分から引き離していきましょう。

ただし、ホルモン補充療法などの手軽な方法に頼り切るのだけは避けましょう。生活改善だけでも大きな変化が望めるのが更年期障害です。[b]身体が迎える自然な変化に逆らい続けるのは余り得策とは言えません。[/b]

あくまで身体の安定を確保するまでの繋ぎとして活用しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る