ヘルニア

公開日:2017/01/26
最終更新日:2017/02/15

ヘルニアは心を壊す。」

貴方や貴方の周囲の人はこの事実に気付いているか??
恐らく気付いていないはず。だが、心は確実に蝕まれていくものだ。

自分の「負のオーラ」が家庭を侵食しだしていないか?大丈夫か?
自分の恋人、友人、家族の励ましの言葉に噛み付いていないか?

椎間板ヘルニアはとにかく我々患者の心に容易く入り込んでくる。
そして、ブルーを超えて、ダークサイドへと心を導いていく。自宅に閉じこもっている場合、特に注意だ!

「ヘルニア患者は孤独である。」

それは腰椎ヘルニアも頚椎ヘルニアも、そけいヘルニアも例外ではない。
神経痛を患う症状の殆どは共通している。とにかく辛くて仕方が無いんだ。
何故なら、周囲は健康体、一方の自分は健康とは程遠い状態。

この現実は目に見えない溝を間違いなく作り出す。
しかし、だからといって投げやりになってはいけない。

これは椎間板ヘルニアンが
必ず通る道である。

孤独に負けるな。身体が動かないなら手を動かせ。
ネットの世界には同じく「痺れビリビリ」な状態で活路を模索する人が沢山いる。
彼ら・彼女らの強さに習え!結局最後は自分で向き合い、乗り切るしか道は無いんだ!

幸い、手術という「最終兵器」に頼らなくて済んだ人が沢山居る。

現実的な事情から、手術を選び、見事に復帰した人もいる。

勿論、残念ながら手遅れとなってしまった人だっている。

100%のハッピーエンドは確かに(ほぼ)ない。
皆、ヘルニアに打ちのめされ、向き合い、そして決断し、選択をして新たな道を進んでいる。
そんな一つ一つのヘルニアンストーリーは珠玉の宝である。

我らヘルニアンは兄弟だ!
全員家族だ!

▽TOPへ戻る

○日本ではヘルニア患者が急増中!

日本は今後、ヘルニアンが間違いなく増えていく。というか本当に増えている。
何せ、レントゲンでヘルニア診断がされる時代なんだ。(←これ本当のお話。)

日本人よ、椎間板ヘルニアという言葉を恐れるな!腰痛とヘルニアの間に底知れぬ溝を作るのはやめよ!
椎間板ヘルニアを知るべし。知れば何も怖くはないさ。

一番怖いのは「固定観念」
で自分を追い詰めること。

「ああ。。俺(私)の人生は終わったんだ・・・」

「ああ。。これからは『我慢の人生』が始まるんだ・・」

「ああ。。自分はこの年齢で治らない病になったんだ・・」

その気持ちが「痛み」と「痺れ」を更に強くする。!よって断固拒否!
その前に自分の胸に問いかけてみよう。

Q1:そもそも、椎間板ヘルニアって何やったっけ?
Q2:どうして椎間板ヘルニアって一生治らないんやったっけ?
Q3:どうして、手術しか選択肢が無いんやったっけ?

貴方はこの問いに
答える事ができるか?

恐らくできないはずだ。何故なら「聞いた話」か「読んだ話」ばかりだから。
誰からから聞いた話ではなく、読んだ話でもなく、自分で納得がいくまでヘルニアを知ろう。

ヘルニアを知れば、椎間板ヘルニアの克服の仕方が自ずと見えてくる。
日本のヘルニア神話は、椎間板ヘルニアに対する「恐怖」と「無知」と「固定観念」だ。
これが根っこに潜む根本問題なのである。

敵を知り、己を知らば、
百戦危うからず

椎間板ヘルニアについて、これ以上にあてはまる言葉は無い。さぁ、一緒に椎間板ヘルニアを学ぼう。
そして、次に続くヘルニアンへの轍を残そう。

しつこいようだが、
日本のヘルニアンは
全員家族である!

▽TOPへ戻る

○一般論は最小限に、現実的なお話を提供したい!

インターネットには様々な椎間板ヘルニア関連サイトが存在しており、殆どの方が多くのサイトを巡回し、その内容を読み込んでいると思います。ですが、このサイトではそうしたインターネットからの情報収集を最小限の時間で最も効率的に行えるように、スタッフが学んだ情報を徹底的に編集し、掲載する事にしています。

「ヘルニアだよ!全員集合!」さえ見れば、他のサイトを見る必要が一切なくなる。

そんな日本における、「椎間板ヘルニアのバイブル」としての役割を果たしたいと思います。

なんて、かっこつけた内容を書いていますが、本音を言うと、重症ヘルニア患者として、「今のネットは余りに情報が薄く、一般論に終始する椎間板ヘルニアサイトが多すぎる。もっとこう、生々しく、現実的な内容を書いた情報媒体が一つくらいあってもいいんじゃないか。」と率直に感じたのが始まりです。

ある日突然、地獄の神経痛が始まり、椎間板ヘルニアという「ぎっくり腰」以上に「まさか自分が・・・」と感じさせられる疾患を抱える事になる自分。本当に突然、「健康体」から「非健康体」へと世界が切り替わります。ほんの数分前までの自分は何だったんだと叫びたくなる理不尽さの中で、更に会社や学校、クラブ活動など、昨日まで普通に過ごしていた社会生活が一気に軋みだす。

自分が倒れても社会は自分を置いて走り続ける。会社もまた然り。この強烈な疎外感と焦りは神経痛で突然動けなくなった人特有のものです。この生々しい現実を体験した人間が語る、ヘルニア論がもっともっとあって欲しいと本当に思います。

どれだけ理不尽であっても、それもまた現実。ならばその世知辛い世の中、現実にはどんな事が待っているのか。またどんな風に乗り越えていくべきなのか。選択肢は数限りなくありますが、その内の一つとして当サイトが情報を提供していけたら良いなと思います。

▽TOPへ戻る

何故「不安になる?」⇒それは「知らない」からだ!!

椎間板ヘルニアに突然襲われた方は大体がこう感じます。

「何これ??」

「いつまで続くの??」

「何が起こったの?」

「何で俺(私)が???」

「何もこんな時に・・・」

何とも言いようのない「不安」や「不満」、「焦燥」といった感情が入り乱れて気持ちがイライラする事が多いと思います。何せ「終わりが見えない」闇の中に放り出されるからです。

では、何故そんな五里霧中になってしまうのか?

ズバリ!!
「 知らない 」からです。

自分の腰に今、一体何が起きて、どういう状態にあるのか。 > 現状把握

どうしてそんな状態が引き起こされたのか。 > 原因

この痺れは一体どのような仕組みで起こっているのか。 > 因果関係

自分は何をすればこの状態を改善させる事ができるのか。 > 対処法

この症状の治療/施術にはどの専門家に依頼をすれば良いのか。 > 治療法

これらの疑問に対して即座に明確な答えを用意できる人は殆どいないでしょう。何故なら、実際に椎間板ヘルニアになるまで、まさか自分が椎間板ヘルニアになるなんて露程にも思っていないからです。

「あぁ~最近腰が痛いなぁ」と身体を伸ばす程度だったのが、突然日常生活にも支障が出るほどの痺れと激痛、椎間板ヘルニアに襲われたときに初めて、恐ろしく無防備かつ、無知な自分を痛感するのです。

ですがご安心ください。「ヘルニアだよ!全員集合!」には先輩ヘルニア患者の「情報」と「経験」が蓄積されています。初めてのヘルニアンが自分の身体に起こった事を理解する助けとなるはずです。

ヘルニアとはそもそも何ぞや。

そこから一歩一歩理解を深めていきましょう。
そして、貴方のヘルニアンの轍を残してあげてください。ブログでも掲示板でも何でもありです。
それは、次にヘルニアンとなった人の大きな助けとなるはずですから。

▽TOPへ戻る

元椎間板ヘルニア患者だからこそ、ここまで突っ込める

「ヘルニアだよ!全員集合!」のスタッフは誰もが「仕事だから」こういった事を行っているわけではありません。スタッフの誰もがかつては椎間板ヘルニア患者です。

「社会生活すらまともに送れなくなった」

「寝たきりになった」

「職場復帰ができなかった」

「孤独感に苦しんだ」

「目の前が真っ暗になった」

と椎間板ヘルニアによって辛い経験をしていました。

そのとき、まともに動く事もできずにしていたスタッフにとって唯一の情報収集手段がインターネットだったのです。

その時に貪るように、インターネットサイトにアクセスをし、椎間板ヘルニアについて学び、本を買っては読み、考えられうる全ての手段をスタッフは取りました。ですが、今でも思うのは「あの時、今の知識があったらなぁ、、、」という少し残念なものです。

必要なとき、必要な情報が
無いと本当に辛い。

「ヘルニアだよ!全員集合!」には実際に患者だったスタッフが「あの時にこそ知りたかった情報」を全て精査し、掲載しており、今正に椎間板ヘルニアで困っている人の助けになる事を目的としています。

「元患者」だからこそ、椎間板ヘルニアで悩む人の知りたいものが手に取るようにわかる。「ヘルニアだよ!全員集合!」には元患者だからこそ学ぶ事ができた椎間板ヘルニア情報で溢れています。

▽TOPへ戻る

サイト情報においての免責項目

「ヘルニアだよ!全員集合!」の作成に関わったスタッフは全員が非医療従事者になります。サイト作成にあたっての指導的立場、いわゆる監修的立場には実際に現場で医療に携わっている方も合流されていますが、あくまで企画・製作・運営を行っているのは(元)腰痛治療ナビのスタッフであり、非医療従事者となります。※資料提供等は(同)腰痛治療ナビが行っています。

そのため、本サイトに掲載している情報は「医師による診断と同一の内容を含まないもの」となります。もしも、程度の問題ではなく、「何か違う」と感じる症状を自覚した場合には素人判断による対応をするのではなく、あくまで専門家の手によってX線レントゲンやMRIといった科学的な検査を行い、自分自身の腰の健康状態について把握するようにしましょう。

仮に本サイトの情報によって不利益を被られたとしても、本サイトを作成するにあたって協力頂いたスタッフにはその責の一切を負う義務が生じないと言う事をご了承の上で本サイトの情報をご活用ください。

本サイトの本質は
「個人的見解の集合体」です。

サイトの内容を引用する場合

引用元の記載をしっかり「リンク形式」でして頂けるのであれば引用されるのも構いません。ですが、必ず一本報告を入れる様にしてください。(著作権は一切放棄していません)。また、明らかに引用しているサイト様に関しては本サイト上で「『ヘルニアだよ!全員集合!』を引用しているサイト」として公開していきますのでご了承ください。

▽TOPへ戻る

ドンドン、サイト情報の拡散をお願いします。

本サイトは「ヘルニアンの聖地」として日本に根付かせるつもりです。

今尚、日本中にはたった一人でヘルニアの「痛み」と「痺れ」、更には「周囲の無理解」と戦わざるを得ないヘルニアンが沢山居ます。

そんなヘルニアンを一人でも多く救う為に、本サイトの存在を拡散して下さい。

日本中のヘルニアンに本サイトの存在を周知して下さい!

拡散用の情報は↓となります。

 

第五条 : 「ヘルニアは心を壊す」事を念頭に置く事。

ヘルニアは腰だけでなく、
心を壊します。

これは重症であればある程に、動けない程に強く心を壊します。

身体は不自由でも、頭は冷静に
冴えている為です。

  • 「自分は社会に置いてきぼりか・・・」
  • 「あ~あ、これで自分は落ちこぼれ組か~」
  • 「人生負け組に入ったわ~」
  • 「もう、人生なんてどうでもええわ」
  • 「どうせ,あんたら(周囲の人)は元気やんか」
  • 「自分よりもヘルニアなってもいい人一杯おるやんか」
  • 「何で自分がこんな目にあわないといかんねん。フェアちゃうわ」
  • 「もう、ほっといてくれよ!!」

本当にこんな荒んだ気持ちになる人が多いです。実際にスタッフは一人の凝らずそうなりました。
家族や恋人に当り散らした人もいるくらいです。慰めが皮肉や嫌味に聞こえてくるのです。

出口の見えない「痺れ」は
人の心を打ち壊す。

そう、出口が見えないから心が荒むのです。
終わりが見えるなら、まだ頑張れる。「あと○日や」と頑張れる。

でも、何をやっても改善しない。
改善しても痺れや痛みが戻る。

こんな事の繰り返しによって、心の隙間には「マイナスの感情」が渦巻きます。
主に「諦め」「自暴自棄」「妬み」「不安」「焦り」などです。

家族の誰かがヘルニアに悩まれている方などは経験があるかもしれません。

家庭の空気が
どんどん濁っていく。

これもやっぱり、「出口の見えない閉塞間」から来るものです。
だから、本サイトでは繰り返し伝えているように「知る事」が大切なのです。

出口が見えないのはある意味当たり前。何も知らないんですから。

「まずは足元から照らしていかねば話にならない」

  • ヘルニアとは何ぞや。
  • 自分の身体は一体どういった状態にあるのか。
  • どうしてヘルニアが起こってしまったのか。
  • 今、自分にできることとは何なのか。
  • 世の中にはどんな選択肢・方法論があるのか。

世の中には皆さんが思っている以上に椎間板ヘルニアに対する選択肢があります。
そして「椎間板ヘルニアからの回復ストーリー」があります。

椎間板ヘルニアで日常生活を壊され、動けないのなら情報を集めましょう。

ネットを使えば
無限の情報が集まります。

発症前の日常にしがみつくより、「今」の日常を受け入れ、前に進みましょう。

「心を壊されるのは、出口の
見えない恐怖・不安・焦り」

これが原因なのです。心を壊されるのを座して待っていても仕方がありません。
積極的に打ってでましょう。そして周りの協力を遠慮無く受けて下さい。

治療中に受けた恩は
元気になってから倍返し。
それでいいのだ

 

 

結果に対しての責任は自分が持つ事。

椎間板ヘルニアに限らず、専門家を頼る人は皆、

「これで治してもらえる」

という「結果保証」を抱きがちです。

それは大きな間違いです。

人間に100%なんてありえません。最高の結果が出る可能性もありますし、逆に最悪の結果になる可能性だってあります。残念ながら、確実な結果を保証できる人間なんてこの世にはいないんです。

では、専門家とは一体何なのか?
表現としてはやや極論になりますが、本質的な話としては

「リスクを最小限に、
効果を最大限にする」

この道をひたすら進む人達です。身体にはなるべく危険が少なく、それでいて改善効果は最大限に。

でも、100%の保証なんて
絶対にできない。

この大前提をまずは我々患者が理解すべきです。
治療結果が思わしくない、悪化してしまったという事から問題になるケースが結構あります。

これは国家資格の有無は
関係なくあります。

はっきり言うと、人間だから仕方がないのです。でも、我々患者はそんなのは御免こうむりたい。だから、自分の責任で任せる相手、パートナーとなる専門家を徹底的に探す必要があります。

何より大切な自分の身体の事だけど、赤の他人に任せる訳です。

だって、自分では自分の身体の事がわからないから。

ある意味、我々患者は凄い無責任な事をしているとも言えるのです。でも、そうせざるを得ないのだから仕方がない。ならば、少しでも危険が少なそうな、信頼できそうな「人」「治療法」を選びたい。そう思うのが人間の当然の感情です。

選べばいいんです。
トコトン探して。

自分の身体を任せて、「結果」として身体に起こる変化は自分で責任を取るしかありません。
泣こうがわめこうが自分の身体であり、自分が最後まで付き合っていく相棒です。

任せた専門家は誰もが
「最善」を尽くしてくれます。

ただ、結果が芳しくなかった。

その結果は全て自分自身で背負うしかないのが我々患者なのです。
日本人と医療との接点の多くは内科だと思います。

聴診器をあてて、扁桃腺を見て、薬を貰って3日安静に。

薬の絶大なパワーで元気モリモリ、痛みもなくなる。
このパターンが「全ての医療・医療類似行為」に当てはまると勘違いをしているのが今の日本です。

これは誰が悪いの話ではないのですが、とにかく「健康に関して無知・無責任」なのが現状なのです。自分の身体、自分の健康は自分で守る。

その、セルフ・メディケーションの意識を持って、結果を自分で背負える覚悟を決めれるくらいに「信頼できる」専門家を探してください。そうでないと、万が一の時に自分で「結果」を受け止めきれなくなります。

全ては私達患者自身の「決断」と「選択」によって生まれた「結果」です。最後に引き受けるのは、やっぱり私達患者自身なのだという事だけは絶対にお忘れなく!

是にしても、
非にしても、
結果は自己責任

 

 

 「どの方法」より「誰に任せるか」に力を注ぐ事。

椎間板ヘルニアの対処法は本当に沢山あります。
国家資格者による方法から無資格者による方法まで様々です。

椎間板ヘルニアにとって
何がベストなのか?

これはヘルニアンの誰もが知りたい答えのはずです。
そして、その誰もが知りたくなる答えとは・・・・・

その人にとってベストな方法は「それぞれ」で異なるもの。

この肩透かしのような答えが一番的を射ているものです。
そもそも、椎間板ヘルニアという診断で治療法をまとめるのが無茶だと考えてください。
ヘルニアンが発症した事情はバラバラですし、身体の状態も全然違います。

同じヘルニアであっても、
その因果関係は
個人差が大きいのです。

  • ヘルニアの程度
  • ヘルニアの角度
  • 筋肉の緊張具合
  • 関節の可動域
  • 筋肉の柔らかさ

これらの全ての要因を総合して、具体的な対処法を絞り込まなくてはいけません。
それを「ヘルニア=○○の方法」という風に十把一絡げにできるでしょうか??

それは極めて難しいです。

つまり、本当に知るべき事は、「ヘルニア」にとっての最善策ではなく、

「今の、自分自身に
とっての最善策」

これが何かなのです。

更に、病院や治療院を幾つか回っている方ならもうご存知かと思いますが、

同じ方法でも専門家によって
する事が違う。

こんな事は日常茶飯事です。整形外科でも先生によって処置が異なりますし、同じ整体技法であっても先生によって方法が全然違う。これは対処する専門家の考え方によって対応の仕方が変わるからです。する事が同じなら、病院や治療院でこんなに流行り廃りがある訳がありません。全てが平均化し、競争力が生じないからです。

流行る所には理由があり、
廃れる所にも理由がある。

ただし、「流行る=優れている」という訳でもないのが今の日本の複雑な所。
※悲しいかな「健康」を扱うとはいえ、商売なのです・・

だから自分の健康を預ける専門家選びは難しいのです。
これについての詳細は別項目で述べるとして、覚えてもらいたい点は2つ。

  • 1.治療法で選ぶのは早計(専門家の考え方で内容が異なってくる。)
  • 2.あくまで方法主体ではなく、「専門家主体」で探すべき。

物事に100%はありえません。ヘルニアの治療/施術において、症状が改善しない、悪化するケースだってあります。そんな時に責任を取るのは他でもないヘルニアン自身です。

「選んだ側の自己責任は
決して小さくない」

これは自分の今後の人生にも大きく関わってくるので、「この人なら」と信頼できる専門家をとことん探す様にして下さい。健康を失ってから後悔しても、もう戻ってこない場合もあるのですから。

「どの方法で」という点よりも
「誰に」という点で選ぶ。
結局は「人」である。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る