「ある日」世界が一瞬でひっくり返る。

公開日:2017/02/02

「何かが変だ」から始まる日常の崩壊。

その瞬間は唐突にやってきます。

  • 振り返った時
  • 朝起きたと時
  • 背伸びした時
  • 子供を抱っこした時
  • 椅子から立ち上がった時。

初めて虫歯の痛みを感じた時のような「違和感」が腰から下に走ります。

 

「?」

 

叫ぶ様な痛みではないけど、何かがいつもと違う。

「神経痛」の始まりはそんな小さな違和感から始まる事が多いです。

そして、多くの人はこう考えます。

  • 疲れているのかな
  • 無理し過ぎたのかな
  • ゆっくり休めば明日には治るだろう

と。

神経痛なんて日常生活で遭遇するのは稀ですので、それが「神経痛」のきっかけだとは誰も思わないのです。

また、思ったとしても「不安を掻き消す」為に「ぎっくり腰の手前だろう」と思い込んでしまうのです。

これは椎間板ヘルニア患者の誰もが通る道だと思います。

虫歯の場合も同じケースが多い。

そうだと認めるのが怖い。

臨界点を迎えて一気に押し寄せる神経痛。

そんな「何か嫌な予感がする」という気持ちのまま、

「でも、今は何とかなってるからきっと大丈夫だろう」という希望的観測で毎日を過ごしていると

その扉が開かれます。

その瞬間は人によって本当に様々みたいです。

僕の場合は翌朝の起床時にやってきました。

うつ伏せの状態から起き上がり、背中を伸ばそうとした瞬間、

ビリビリビリ!!

と腰周辺に猛烈な「痛み」ではなく「新しい感覚」が押し寄せてきたのです。

僕はその時思いました。

「腰が壊れた」

と。

多分、初めて神経痛を経験した人は「それが神経痛」だとは思いもよらないのではないでしょうか。

全く想像していなかった衝撃に頭が大パニックで、今までの経験則からしか状況を分析できないのです。

こうして僕の日常は昨日とは全く別の世界に変わってしまったのです。

でも、その時の僕はこう思っていました。

「何かがおかしい。でもきっと腰痛だろう。かなりキツイぎっくり腰なんだろう」

完全に頭ではわかっているのに、どうしても受け入れられなかったのです。

本当にパニック状態だったのだと思います。

だって20代半ばの男が、それもベンチャー企業でバリバリ働いていた人間が

「立てない」という現実にいきなり放り込まれたのですから。

僕が生きてきた世界が一瞬でひっくり返ったのです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る