坐骨神経痛と診断をされた場合

公開日:2017/02/03

「自分の坐骨神経痛」をしっかり読み解こう。

「これは坐骨神経痛ですね」

こうお医者さんに言われたとき、僕ら患者は真っ先にしなくていけない事があります。

「自分の坐骨神経痛」

これを理解することです。

結局、腰痛やぎっくり腰、果ては椎間板ヘルニアまで全部に共通することになるのですが、

「診断名」というのは「結果」部分の指標になるんですね。

今起こっている「結果」が坐骨神経痛であると。

でも、治療法を模索する時に大切なのは「結果を引き起こす原因」の部分です。

「因果関係」でいう「因」の方なんです。

これが人によって本当にバラバラ。

だから「坐骨神経痛」という同じ症状であっても、最適な治療法は異なってきます。

  • 脊柱管狭窄症による坐骨神経痛か
  • 椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛か
  • 梨状筋症候群による坐骨神経痛か
  • 仙腸関節の歪みによる坐骨神経痛か
  • 股関節の歪みによる坐骨神経痛か

結論部分は「坐骨神経痛」であっても、原因疾患が全然違いますよね。

「自分の坐骨神経痛を知る」

とはこういうことなんです。

「坐骨神経痛にはこれ」という治療法は無いと考えよう。

巷には「坐骨神経痛にはこれ!」と喧伝するサービスが沢山ありますが、先に述べた通り、坐骨神経痛に対する「パーフェクトな治療」というものは実質存在しません。

ですが、筋肉を緩めて血流を促進させれば坐骨神経痛の症状は軽くなる事が多いです。ただ早くに戻るだけで。

だから「坐骨神経痛は任せろ!」という先生は必ず

  • 「個人差があります」
  • 「指定回数通院してください」

といった注意書きがあるはずです。

坐骨神経痛を生じる原因を絞り込めるかどうかが肝。

坐骨神経痛は結局は原発疾患によって引き起こされる「症状」に過ぎません。

ですので、その坐骨神経痛を引き起こす原因を絞り込む事を大切にしている先生を探しましょう。

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る