「腹筋運動」は再発防止に最適なぎっくり腰治療のひとつ。

公開日:2017/02/08

腹筋運動は「否定されがち」だけど再発防止としては鉄板だと思う。

とはいえ、ぎっくり腰になったばかりの時は絶対に無理です。

腹筋運動なんて悶絶ものだと思います。

ですが、ある程度炎症が引いてきて、身体が動くようになってからは別です。

できる範囲でどんどん運動をすべきだと思います。

特に腹筋運動。

今の時代はむしろ「腹筋運動はいらない」という意見が多いと思います。

あれは「腹筋は嫌だ」と思っている人の為に用意したフレーズなので一種のビジネスワードだと僕は受け止めています。

「食べるの我慢しなくてもダイエットできるよ」

と言われて納得する人っていますかね?

多分、納得する人っていつまでもダイエット失敗する人だと思います。

それと同じです。

「腹筋運動」を避けてぎっくり腰対策をしようとすると、最初はうまくいくけど結局は再発というケースが多い。

もちろん、そうならない人もいるんですけど、それは「腹筋不足」でぎっくり腰になったのではない人です。

少数派の人なんですね。

ぎっくり腰の圧倒的多数派はやっぱり「腹筋」が足りない、「腹圧」が足りてない人なんです。

取りあえず、始めましょう。腹筋運動。

「腹筋」は「腹圧」を作るために必要。

腹筋運動がどうして大切か、というと「腹圧」という「コルセット」を作る為です。

僕らの腰回りは運動性を確保するために見事に空間となっています。

ここに肋骨や骨盤の様な「骨の鎧」があったらドラム缶みたいな直線的な動きしかできなかったはずです。

それは生き物として実に不便です。というか致命的です。

そこで、豊富な運動性を手にした代わりに失ったものが「堅牢なガード」です。

矛をとるか盾をとるか、みたいな話で両方を同時になんてのは神様でも無理だったみたいですね。

でも、「骨の鎧」の代わりに用意されたものがあります。

それが腹筋群による「筋肉のコルセット」です。

腹筋群が腰回りをガードするコルセットとなり、その締める力は「腹圧」として腰の安定性に貢献してくれます。

腰骨にかかる負担が激減するのです。

ちなみに腹圧は腹筋群だけでなく「横隔膜」とか「骨盤底筋」も関わるのですが、一番抜けやすいのはやっぱり「腹筋」です。

なので腹筋から始めるのはやっぱり大切なんですね。

「鍛える必要」は無くて「毎日使う習慣」が必要。

腹筋運動が敬遠される理由は、「大変」だというイメージが定着しているからです。

確かに腹筋は楽しくできるものではないかもしれませんが、そこまで大変なものでもないです。

大変だと思っている人は「やりすぎ腹筋」を腹筋運動だと思っているケースが圧倒的にです。

腹筋運動は「腹筋を使う」レベルの運動で十分です。

筋肉を「鍛える」レベルの運動量は必要はありません。

そして、腹筋だけを使う形で十分です。

これが「やりすぎ腹筋」の代表例。

足は関係ないです。

腰の高さがもう「やりすぎ腹筋」のレベルです。

角度にしたら45度~60度くらいかな。

腹筋運動でこの角度まで腰を持ち上げると、股関節の屈曲筋が運動に参加してきますので腹筋運動を超えてしまうんですね。

足が持ち上がったりする場合もあるので、誰かに足を抑えてもらったりする形になると思います。

これは「やりすぎ」です。

そこまで頑張る必要はありません。

腹筋の角度は30度まで。

腹筋運動で腹筋(特に腹直筋)にターゲットを絞る場合は「30度」です。

それ以上は股関節が介入してきますので必要ありません。

ですので、この写真程度の腹筋で十分です。

左右の腹筋「外腹斜筋・内腹斜筋」を攻めたい場合は、軽く体を捻ればいいです。

その場合も角度は「30度」

それ以上は無駄に疲れるだけです。

ちなみに、30度は「MAX」の角度ですから、それ以下でも大丈夫です。

肘と膝をつけるのが良いというのは「固定観念」です。

僕が学生だったとき「体育」で行う腹筋は膝を曲げて、誰かに足を持ってもらい、「肘を膝にくっつけるまで起き上がる」というものでした。

僕は「体育の先生が言うんだから間違いない」とそれを信じて練習でもそれを続けていました。

あの頃に戻りたい。

何も知らない時に「先生」から教えられた事がまさか「頓珍漢な理論」だったとは。

でも、先生もそういう風に教えてもらったのだと思います。

これが「固定観念」の怖さです。

  • 「何で膝と肘をくっつけないと駄目なんだろう」
  • 「そもそも腹筋ってどういう働きなのかな」
  • 「腹筋が働く角度ってどれくらいなのかな」

少しでも具体的な情報まで掘り下げていたらすぐに気付いたはずなのに。。。。

皆さん「鵜呑み」って本当に危険ですよ。

これが原因でどれだけ多くの学生アスリートが身体を壊していくことか。。。。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る