人間の身体は「等価交換」が成り立っている。

公開日:2017/02/16

多少の個人差はあれど、身体は「平等」だと思う。

ギャル曽根さんとかジャイアント白田さんとかの大食いタレントさん、フードファイターの方はは別ですよ。

あくまで一般的な人の話です。

僕らの身体は嘘を一切つきません。

  • 身体に悪い事をすれば健康状態が傾きます
  • ストレス溜まればその分身体は交感神経優位になります。
  • 身体に良い事をすれば健康状態は改善します。
  • ホッとリラックスすればその分副交感神経優位になります。

外から与えられた刺激に対して、身体が返す反応は常に「等価交換」です。

与えられた分だけ返してくれる。

取り組んだ分だけ結果を返してくれる。

僕らの身体は色眼鏡を全く持っていない絶対中立の存在です。

「個人差」があるのは「過去の生き方」が反映しているから。

身体は取り組んだ分だけ反応を返してくれる。

これは大前提なのですが、同じ取り組みをしても同じ結果が返る訳では無いのが人間です。

それは「今の取り組み」は同じであっても「今までの生き方」が違う為です。

僕らの身体は「生きてきた分の積み重ね」で成り立っています。

身体に関しては2~3年前に食べた物でできているとか。※期間はわからないけど本質はそうだと思います。

ですので、取り組み自体は同じであっても「身体」自体は全然違うものに仕上がっているので返ってくる反応も自ずと変わってくるのです。

でも、どちらにしても身体は取り組んだ分だけ必ず返事はくれます。

取り組んでも全く反応が返ってこないという事は有り得ないという事を理解してください。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る