我が家の母親が良くやるダイエット失敗【お天気編】

公開日:2017/02/17

「行くの面倒くさい」を天気のせいにする母親。

我が家の母親がよくやる「ダイエット失敗あるある」です。

ダイエットの王道はやはり「ウォーキング」だと思います。

誰でも簡単に取り組むことができ、あんまり疲れない。景色も変わるから気分転換にも良い。

母も例外なくウォーキングに取り組んでいた時期がありました。

でも長続きしませんでした。

雨の日は当然ウォーキングは中止になる。

ウォーキングは外歩きですから、当然雨が降ったら中止です。

多くのダイエッターの人は「雨だから代わりに踏み台昇降でも」と別の代替策を考えると思うのですが、

うちの母親は

「雨だから仕方が無い」

というタイプです。

もうこの時点で「ダイエット失敗」の匂いがプンプンしていますよね。

継続が一番大事なダイエットにおいて「自己都合中断」を進んでするタイプです。

それも「天気が悪いから」という不可抗力をわざわざ周囲にアピールする。

もうこの時点で挫折の扉は開いています。

そのうち「寒いから」という理由で止め始める

ここまでくると、完全に「しなくていい理由」を探しているだけです。

心の中では「したくない」という気持ちが確定しているものの、「したくないからしない」なんていう訳にはいかない。

だから、「行きたいけど、行けない理由」を準備する流れです。

周りから見れば一発で「する気ないんだな」とわかるんですけどね。

本人は結構本気で自己正当化を図ります。

こうして自然とフェードアウトするのが我が家の母であり、結構見掛ける「ダイエット失敗あるある」です。

惰性で始まるダイエットにはこれが多い。

こういった「フェードアウト」系のダイエット失敗は、そもそものダイエット開始自体が「惰性」であることが多いです。

  • 今のままじゃダメだ
  • 取り敢えず痩せよう

TVや雑誌、友達など、とにかく何かしらのきっかけがあってその場で「よしやらねば!」と燃え上がるスタートです。

明確な目的が無く「ダイエットに取り組む事」が目的となっている為にダイエットのロードマップを描きにくいんです。

マイルストーンの設置もできず、段々と「何の為に取り組んでいるのかもわからない」というような迷宮に入ってしまいます。

結果、フェードアウトです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る