心臓突然死をまとめる by NHK 今日の健康 パート1

NHK今日の健康が50周年を迎えたそうです。

2017年で51年目突入とのことです。

単純に凄いと思います。

ただ、1年を通しても内容が被る回が多い事からも

人間の身体はそこまで幅広くはない

という事だと思います。

医学はもっと身近な学問・知識であるべきという自分の想いがより一層確かなものとなりました。

細分化は幾らでもできるが「知るべき事」は簡略化できる。

人間の身体を細分化する事は幾らでもできると思います。

そうした場合は「底なし沼」に等しくなるとも思います。

でも、それは「健康でいる為に知るべき事」ではないとも思うんですね。

ピラミッドの頂点に近い位置の話に過ぎないと。

僕ら人間が普通に健康を維持して、ピンピンコロリで人生を全うする為に

知るべき事は決して多くは無い

これは絶対に間違いないと思います。

そして、それはピラミッドで言えば土台部分だけで完結するはずなんです。

では話を今回のテーマに戻したいと思います。

突然死について

突然死には幾つかの疾患がありますが、

殆どが「心室細動」によるもの

という事だけは忘れないようにしましょう。

突然=心室細動

と言っても「ほぼ」間違いではないと思います。

心室細動についての別記事一覧

[bd url=”https://www.aru-kikata.com/archives/1235″]

[bd url=”https://www.aru-kikata.com/archives/1477″]

心室細動と心室頻拍がとにかく危険。


画像引用:http://urx.blue/CHJl

突然死に関わる疾患はとにかく二つだけ要注意です。

  • 心室細動
    • 心室内に無秩序な電気信号が起こる。
    • 心筋の収縮リズムが狂い、ポンプ作用が失われる
    • 脳への影響が特に大きい。燃費が悪すぎる器官の為
      • 20秒程度で失神に至る
  • 心室頻拍
    • 心室細動へ繋がる不整脈

突然死の疾患は幾つかあります。

ありますけど、今の日本人の場合はこの二つがとにかく多い。

なので「心室細動」と「心室頻拍」だけは覚えておきましょう。

ただ個人的には、突然死そのものに関する疾患よりも「それを引き起こす疾患」の方が重要だと思います。

それは次の項目にて

突然死の原因となる疾患について


画像引用:http://urx.blue/CHJl

個人的に「突然死」に関して最も重要なのはこちらです。

突然死という現象を起こす疾患そのものよりも、

突然死となる疾患を引き起こす「原因疾患」を学ぶことが重要。

でないと予防になりません。

という訳で「心室細動」「心室頻拍」に至る原因疾患として日本人に多いものは

  • 心筋梗塞・狭心症
    • 血管異常
    • 50~60%
  • 心筋症
    • 筋肉異常
    • 30~35%
    • 原因については様々な報告があがっているものの、というレベル。
      • 1980年時点では原因不明。
        • 原因不明は「特発性」と分類
      • 現象としての原因は判明しているが、そのプロセスがまだ未解明か?
        • 「何が起こるか」は判明したが「何故起こるか」が不明みたいな感じ。
  • 遺伝性不整脈
    • 10%

の3つです。

その中でも「心筋梗塞・狭心症」は明らかに「生活習慣」が原因ですので、突然死も

  • 「贅沢病」
  • 「先進国病」

と言えると僕は思っています。

心筋症については「現象としての解明」は進んでいるものの「発症プロセス」に関してはまだ未解明な点が多いようです。

筋肉に関する疾患なので、遺伝子の問題等でない限りは「生活習慣」で予防はできるかもしれません。

最優先事項としては「心筋梗塞」「狭心症」への対処で構わないと思います。

心筋梗塞・狭心症による突然死を防ぐためには


画像引用:http://urx.blue/CHJl

突然死を引き起こしやすい疾患である「動脈硬化」「狭心症」を防ぐために必要な事。

誰もが知っている事です。

  • 食べ過ぎを防ぐ
  • 運動不足を解消する
  • 喫煙をやめる
  • 高血圧を避ける
  • 糖尿病を予防する
  • 脂質異常症にならない様に気を付ける
  • 肥満を防ぐ

早い話が「生活を改める」という事です。

僕ら日本人の生活は明らかに「贅沢」で「怠惰」なものになっています。

その結果が「多くの病」です。

殆どが起こるべくして起こっている病ですので、もっと身体と健康と向き合いましょう。

現代人の生活は、昔の貴族や帝と大差ありません。

「人や機械に任せて食べて飲む」

太って身体を壊して不健康になるのは当たり前なんです。

誰もが突然死のリスクを抱えて生活をしているようなものですから、身体と向き合う時間をもっと作るようにしましょう。

最後に:死の直前まで「無自覚」で生きている事が多いのが突然死。

突然やってくる「突然死」ですが、

男性:4~5割

女性:6~7割

が突然死を起こす直前まで「自分が病気とは全く思っていなかった」とする報告があるそうです。

ただ、突然死を迎えた人には確認しようが無いので「周囲に漏らしてなかった」という事でカウントしていると思われます。

なので参考程度で良いかなと思います。

 

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る