「股関節のトラブル(変形性股関節症)」をまとめる by NHKチョイス

股関節のトラブルについて

股関節に激しい痛みが走り、二足歩行が困難となる「変形性股関節症」。

実は僕自身も経験しました。

管理人も経験した変形性股関節症

[bd url=”https://www.aru-kikata.com/archives/961″]

[bd url=”https://www.aru-kikata.com/archives/975″]

[bd url=”https://www.aru-kikata.com/archives/969″]

股関節のトラブルの多くは変形性股関節症と考えられている

40代から50代の股関節の問題は

殆どが変形性股関節症

だそうです。

股関節についてまとめますと

  • 関節の中で最も負担が掛かる関節といわれるのが股関節
    • 体重の7~10倍の負荷がかかる。
  • 股関節の疾患を持つ患者は推定400万~500万人
    • その多くが「変形性股関節症」とされる。
    • 40代~50代の女性に多い
  • 放散痛・関連痛も多く、痛みが分散しやすいそう。
    • 放散痛くらいならまだ軽いと思う。
    • 僕の場合は「立てない」くらいの股関節の痛み。
  • 変形性股関節症の8割は「臼蓋形成不全」によるもの
    • 骨盤側にある股関節の「臼蓋(受け)」が浅い。
    • 元々「浅い」部分で関節唇と呼ばれる組織が周囲を囲み深さを補強している。
      • 肩関節の同様の仕組みで「関節唇」の補強を受けている。
    • 臼蓋の育成については
      • ①胎内での運動量
      • ②~3歳までの股関節の運動量。
      • オムツなどによる運動制限が無い事も大事。

項目が沢山出てくるのでややこしくなりましたが、簡単にまとめますと以下の通りです。

  • 股関節の疾患を持つ人は400万~500万人
  • その多くは女性で40代~50代。
  • 多くは「変形性股関節症」による問題。
  • 「変形性股関節症」は8割が「臼蓋形成不全」によるもの。
  • 「軟骨」がすり減る事によって炎症が起き、痛みが起こる。
  • 「歩行困難」なレベルになる事も多い。
    • 管理人が実際になった。

日常生活が困難になった場合には「手術」が検討される。

番組中は「いきなり手術」という話になっていましたが、必ずしもそうとは限りません。

「手術無し」でも元気になれる可能性はある。それだけは先に断言したいです。

僕は3歩歩けないレベルの変形性股関節症になりましたが、安静療法と運動療法で2週間前後で歩行可能に戻りました。

今では全く問題ありません。

  • 「今すぐ何とかしたい」
  • 「再発の恐怖は絶対に嫌」

という前提になった場合には「即手術」という選択肢になるかと思います。

人工関節置換術

痛んだ股関節部分を人口関節に置き換える手術です。

再手術の必要が無いように、60代以降の高齢者に適用となります。※人工関節の寿命は20年とされている。

なお、置換された人工関節は3週間程度で骨が人工関節外側面に浸透してきて一体化するそうです。

骨切術

若い世代の股関節の手術は「骨切り術」が適用となります。

これは「臼蓋」部分を切り取り、ずらして再設置する事によって「臼蓋」部分を疑似的に拡大させる手術となります。

手術後の注意点

股関節は

  • 内旋
    • 内股
  • 深い屈曲
    • 体育座り
    • 和式便座

の運動が大きな負荷となり脱臼のリスクが高くなるそうです。

ですので、術後は生活面での注意が必要になるとの事。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る