ビタミンB3(ニコチン酸)(ナイアシン):コレステロール低減作用

ビタミンB3 :ニコチン酸(ナイアシン)について

  • 化学名:ニコチン酸
  • ペラグラ予防因子
  • 誘導体にはニコチン酸アミドがある
    • ナイアシンはニコチン酸と誘導体の総称
  • エネルギー産生に働く脱水素酵素を補助する補酵素
  • 糖質・脂肪の代謝に不可欠の補酵素
    • 特に脂肪に強い
  • アルコール脱水素酵素の補酵素でもある
    • アルコール分解に重要な補酵素
  • 薬理作用
    • 脂肪の代謝
    • 1500mg/1dayのニコチン酸アミドで中性脂肪・コレステロールの低減が確認されている。
      • アポタンパクBも減少する
    • 高脂血症・動脈硬化の治療薬として「ビタミンE」と「ニコチン酸アミド」が活用されている。
  • 所要量
    • ニコチン酸はトリプトファン60mgから1mg生成される。
      • ニコチン酸自体の摂取が無くてもトリプトファンが十分なら代用可能。
    • 成人男性:17mg
    • 成人女性:13mg
  • 欠乏症
    • ペラグラ
      • 皮膚炎
      • 下痢
      • 中枢神経障害から痴呆へ
  • 過剰症
    • 報告なし
    • 1g取っても問題無し

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る