ビタミンB7(ビオチン):皮膚炎を防ぐビタミン

ビオチンとは

  • 水溶性ビタミン
  • ビタミンB7
  •  皮膚炎予防因子として発見
    • ビオスa
      • パントテン酸
    • ビオスb
  • ビタミンHと同一
  • 化学名:ビオチン
  • 体内では酵素となるタンパク質と強固に結合した形で存在する。
  • ピルビン酸の代謝を助ける補酵素
    • 脱炭素酵素であるカルボキシラーゼの補酵素
    • グルコースのリサイクルに関わる。
  • 脂肪酸・アミノ酸の代謝にも関わる
  • 核酸を生成する際にも関わる
  • 薬理作用
    • アトピー性皮膚炎の治療に活用される
  • 所要量
    • 腸内細菌によって合成される
    • 米国:成人:30-100ug/1day
  • 欠乏症
    • 卵白のタンパク質(アビジン)がビオチンと胃腸内で結合する事から起こるケース
      • アビジンは過熱変性でビオチンと結合できなくなる
    • 皮膚炎
    • 結膜炎
    • 脱毛
    • 白髪化
    • 疲労感
    • うつ状態
    • 筋肉痛
  • 過剰症
    • 報告なし
    • 10000ug/1dayでも安全

 

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る