ルテイン(カロテノイド)について

カロテノイドについて

  • 自然界にある天然色素
  • 750種類が見つかっている
  • 様々な生理作用を持つ

ルテイン

  • カロテノイドの1種で、ほうれん草、ケールなどの緑黄色野菜に多く含まれている。
  • 優れた抗酸化物質であり、眼の水晶体、黄斑部に存在している。
  • 但し、合成能力は人間には存在しない。
  • ルテインの摂取による加齢黄斑変性の予防効果が期待されている。
  • 「天然のサングラス」という呼称も。

個人的な見解

ルテインは確かに体内に存在しており、生体内では「酸化防止剤」としての生理作用を持っています。

しかし、悲しいかな「ルテインの合成能力」は植物などにしかありませんので、僕ら人間は作り出す事ができません。

だから「外から補充しよう」という理屈になっているのだと思います。

結論から言いますと、現時点では「ルテイン」を摂取するなら「ビタミンE」と「ビタミンC」を摂取した方が良いと思います。

後、βカロテン/ビタミンAも良いと思います。

理由はとても簡単で

カロテノイド含めたファイトケミカルスは「ビタミンの抗酸化能力」には到底敵わない

という大前提があるからです。

試験管実験での抗酸化能力」は、カロテノイドの圧勝だと思います。

ですが、生体内での生理作用としての抗酸化能力に関しては圧倒的にビタミン連携が上です。

フリーラジカルやビタミンの研究者である吉川敏一さんも著書で仰っていました。

僕もそう思います。

ビタミンC、EやAによる抗酸化能力は僕ら人間の基本設計です。

一方のルテインの抗酸化能力は「ルテインが持つ機能」に過ぎません。

実際にルテインを摂取して、水晶体のルテインが増える、ないし眼周辺の抗酸化力が上がるといった明確な仕組みの解明は未だになされておらず、研究結果も「肯定」「否定」どちらもある状態です。

つまりは「わからない」という事です。

だったら、もともと僕ら人間の身体に「仕組みが確立している」抗酸化プログラムを底上げする方が絶対に良いです。

確実性が高い上に、眼にかぎらず全身の抗酸化に繋がりますのでより健康に貢献してくれます。

ですので、ルテインのサプリメントを購入するなら、ビタミンCの粉末と、ビタミンEのサプリメントを薬理量で摂取する事を僕はお薦めします。

実際に僕はそうしています。

僕が買っている抗酸化ビタミンセット

【1kg】高品質ビタミンC粉末100%(L-アスコルビン酸)(計量スプーン付)

DHC 60日天然ビタミンE [大豆] 60粒(30.6g)

僕が買うならこれだなというルテイン

ロイヤルビューティーシリーズ 業務用 ルテイン 250mg x270粒

様々なルテインの中では、非常に経済的なルテインだと思います。

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る