腸内環境(腸内フローラ)はまだ見えていない部分が多い

腸内環境はまだまだ謎だらけ

腸内環境と乳酸菌が凄いブームだ。

「腸内環境を整えて〇〇!」という謳い文句が物凄く流行っています。

「生きて腸にまで届く乳酸菌」も色々と開発(?)されているようです。

更には「宅配限定!市販品以上に乳酸菌が含まれた〇〇!」といった訪問販売まで沢山やってきます。

腸内環境は「お通じ」以外にも沢山関わってくる事がわかってきてから本当に腸内環境大ブームです。

ただ、最近は「腸内フローラ」という言葉は余りTVや雑誌で目にしなくなってきましたね。

今はやっぱり乳酸菌の時代でしょうか。

打倒、ヘリコバクターピロリ菌みたいな。

ですが、その前に僕らがまず知っておくべき事があります。

腸内フローラについて復習

最近は余り耳にしなくなった「腸内フローラ」ですが、

大腸内の微生物(細菌)畑

です。

大腸の中には沢山の微生物が住み着いており、人間のホメオスタシスのようにそれぞれが拮抗し合ってバランスを保っています。

勿論、ただ生活をしているだけでなく僕らの生理活動のサポートをしてくれています。

自律神経のバランスによって腸内フローラのバランスも変動しやすいので、規則正しい生活がとても重要です。

腸内環境は皆が思っている程「解明」されていない。

まず「腸内フローラ」についてなのですが、

未だに「フローラ(細菌のお花畑)」の全体像が見えていません。

少し前までは腸内細菌は100種類程度で100兆個だと言われていました。それが今では3万種1000兆個という数字にまで拡大しているそうです。

人間が把握している「腸内フローラ」というものは全体のほんの一部に過ぎないんですね。

というか、腸内環境だけでなく腸内の働きすらまだ「見えてない部分が多過ぎる」という状況にあるのは間違いないみたいです。

そもそも全体像がまだ見えていない。

つまりは天井も底も見えていない。

パズルの総ピース数が見えていない

これは腸内環境に限らず、人間の解明全体に言えることです。

広告や番組では「ついに判明した!」とか「最新の発表では!」となっていますが、実際は「手探り状態」であり「現時点で判明している部分でやりくりしている」状態であると理解しておきましょう。

善玉菌と悪玉菌と日和見菌。

腸内フローラで生活をする菌には3種類あります。

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

の三つです。

その割合は何とびっくり「善:悪:日和見」=「1.5:1.5:7」という事だそうです。

ちなみに「日和見菌」とは「優勢な方につく」とか「どっちつかず」と紹介される事が多いですが、一方で「働きが良くわかっていない菌」を示す言葉として使っている人もいるようで、定義がマチマチです。

仮に「働きが良くわかっていない菌」だとすると、腸内細菌の7割が「良くわからない菌」だという事になります。

それくらい腸内フローラは未だに謎だらけだという事です。

というか人体はまだまだ見えていない部分が本当に多い。

現代社会は「知ったかぶり」が蔓延している。

僕が色んな項目で「まだ見えていない点が多い」という事を書きまくっているのは

  • 「知ったかぶり」が社会に多過ぎる
  • 「知らない相手」を手玉に取っている人が多過ぎる
  • 「知らない事」を当たり前にしている人が多過ぎる

という点がとても目立つからです。

乳酸菌ビジネスがここまで大きくなってきているのは

  • 商品の価値が確かにあるから。
  • 消費者が誤解・勘違いをしているから

のどちらもが大きく関わっています。

乳酸菌は元々は「お腹の調子を整える」がスタートであり、それについては誰もが実感してきたと思います。

それが今度は「生きて腸に届かないとダメ」という話になり、

更には「免疫力の向上に役立つ」になり

ついには「インフルエンザを予防できる」まで発展してきています。

軽いバブル状態だといっても良いと思います。

実際に、各理論を証明するに足るデータが揃っているのですが、「乳酸菌単独の効果」と断言できるものがどれだけあるかというと、、、、正直僕は疑問です。

乳酸菌(R-1)が小学生におけるインフルエンザ罹患率を減らしたというデータなどもそうですが、

実験地区の有田市は健康増進事業を市で行っている地域なので

  • 他にどのような「免疫強化」に関する取り組みをしていたか
  • 該当乳酸菌以外の乳酸菌を継続摂取していたグループとの比較はあるか
  • 乳酸菌を摂取していない同市小学生のグループは存在しているか

この点が明確にならないと何とも言えないんですね。

でも、他市との比較データをドーンと出した事で一躍乳酸菌のヒーローとなりました。

こういったデータの使い方が本当に多くなったのが今の日本なんです。

だから、しっかり身体の事を理解して、出された情報を自分で「フィルター」にかけられるようになって欲しい。

僕は本当にそう思っています。

でなきゃ、一生「購買誘導」されっぱなしになるのですから。

腸内フローラは「小腸」だと思っている人は深刻だ!

これ、結構多いんですけども「腸内フローラ」って基本的に大腸の話ですよ。

ウンチを作る場所の話です。

腸内フローラってお花畑のイメージだからか「え?小腸の話じゃないの?」と勘違いされている方が結構多い。

これは情報の受け手の勘違いになってしまいますが、小腸ぽいイメージで紹介している場合も多いので一種のイメージ誘導だと言っても良いと思います。

腸内フローラの説明で乳酸菌が小腸を動き回っている図が紹介されているケースも本当にありますし。

小腸は大腸以上に謎が多い腸である。

胃に近い十二指腸などは比較的仕組みが解明されているそうなのですが、そこから先の回腸や空腸に関しては大腸以上に詳細が不明な点が多いそうです。

何せカプセル内視鏡が出るまでは「暗黒の臓器」と呼ばれていた程だそうで。

更には内視鏡の技術も向上して、2000年代からようやく内視鏡検査でも小腸を詳しく検査できるようになったとのこと。

ただ、小腸には余り長い時間食べ物がとどまらないので大きな疾患が起きにくい(とされてきた)のも注目を集めなかった理由の一つかもしれませんね。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る