インターネット上の相談サイトは

「一番ありふれた事例」を述べる簡潔な答えが少ない。

多くの人が「まぁそうそうない」というレアケースの話をする。

「可能性はある」という事で書いているのか、「違った時のリスクを考えている」のかはわからないけれど、

質問している側からすると非常に「非現実的」な答えであることが多い。

 

「レアケースとしてはこういう場合もある」

「でも、質問の場合は大概がこうだから、とりあえずはこうしてみよう」

「それでダメなら、次いってみよう」

という流れのものがほしい。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る